宿泊予約システム 利用規約

ザ・ウィンザーホテル洞爺(以下「当ホテル」という。)のインターネット予約システム(以
下「当システム」という。)をお客様がご利用頂くに際し、次の利用規約(以下「本規約」
という。)を設けさせて頂いております。 当システムをご利用頂けるのは、本規約にご同
意頂いたお客様のみです。また、当システムを利用し、ご予約が完了した時点で、本規約
にご同意されたものとみなし、本規約を遵守して頂きます。 また、お客様が当ホテルをご
利用頂くに際には、当ホテルが別に定めております「宿泊約款」及び「ご利用規則」を遵
守して頂きます。
第1条(基本的事項に反する場合の措置)

第三者に迷惑・不利益を与える等の行為、当ホテルもしくは当システムのサービスに支障
をきたすおそれのある行為等、当ホテルが不適当と判断する行為を行うお客様には、当シ
ステム及び当ホテルのご利用をお断りする場合がございます。 

第2条(基本的事項の遵守)

有料の手配代行など、事由の如何を問わず、営利を目的とした当システムのご利用を固く
お断りいたします。

第3条(お客様側の利用環境を要因とする諸影響)

当システムは一般的な日本語表示や電子メール等の諸設定を適切にされている方がご利用
いただけます。この条件に該当しない方の動作結果やそれがもたらす諸影響に関して、当
ホテルは一切責任を負いません。また、上記条件を満たしていても、お客様側コンピュー
ターの環境設定に関する諸事情等、当ホテルの管理の及ばない原因によって、当システム
が正しく動作しない場合につきましても同様といたします。

第4条(ご利用上の規則の遵守)

当システムをご利用いただいたお客様が客室をご利用される場合、当ホテルが別途定めて
おります「宿泊約款」及び「ご利用規則」を遵守して頂きます。

第5条(当システム利用上の注意点)

当ホテルが運営しているホームページ上で、当ホテルが提供する商品の一部についてのご
予約が出来ます。空室状況・ご宿泊料金等は、他の方法(電話予約・ファックス予約・予
約取り扱い窓口など)で提供する予約・宿泊サービスと異なる場合もございます。
当システムの提供するサービスは、当システム以外(電話予約・ファックス予約・その他
予約取り扱い窓口など)で提供するサービスに比べ、優位性を持つものではありません。
そのため、満室などの事由によりご予約できない場合もございます。
希望する商品の予約申し込みフォームへ必要な個人データを正確に入力してください。予
約申し込みフォームへの個人データの入力に不備があった場合、そのご予約は無効となる
場合がございます。

第6条(利用者の自己責任)

お客様が当システムをご利用するにあたり、お客様自ら行った行為及びお客様ご自身のメ
ールアカウントによりなされた一切の行為及びその結果について、お客様はその責任を負
うものといたします。また、当システムのご利用にあたり、当ホテルの過失による場合を
除き、お客様が第三者に損害を与えた場合、お客様は自己の責任において当該第三者との
紛争を解決するものといたします。
ご利用者が次の事項のいずれかに該当する行為により、当ホテル及び当システムに損害を
与えた場合、当ホテルは当該利用者に対して被ったすべての損害について賠償を請求でき
るものといたします。
(1)本規約、当ホテルが別途定める宿泊約款またはご利用規則に違反した場合。
(2)宿泊予約にあたって、虚偽、不当な申し込みを行った場合。
(3)第三者に代わり、同人の承諾なくユーザー登録及び宿泊予約の申し込みを行った場合。
(4)有害なコンピュータープログラムの送信または書き込みを行った場合。
(5)その他日本国内で有効な法令に違反する行為を行った場合。

第7条(宿泊代金の支払い方法)

当システムにて宿泊予約をされた場合は、予約保証のためにクレジットカード番号のご登
録をお願いしております。ご登録は予約保証を目的とし、決済はいたしません。お支払い
は、チェックアウトの際に現地にて承ります。
クレジットカード会社より与信限度許可および維持すべきかどうかを決定する信用照会の
ため、適用法に則りクレジットカード番号を開示することがあります。

第8条(違約金) 

お客様は当システムを通じて当該予約のキャンセルを行うことが出来ます。キャンセル料
金などのお支払いは、お客様がご登録されたクレジットカードへご請求いたします。お支
払いいただくキャンセル料金については、当ホテルの宿泊約款にて定める違約金規定に従
い、お支払い頂くものといたします。 但し、宿泊プランによっては別途違約金規定を設け
ている場合がございます。

ご予約されているにもかかわらず、ご連絡もなくご宿泊されなかった場合のご精算につき
ましても、当ホテルの宿泊約款にて定める違約金規定に従い、お支払い頂くものといたし
ます。 

第9条(当システム内容の変更)

当システムの運営もしくは本利用規則内容の変更は、当ホテルが必要であると判断した場
合、事前にお客様に通知することなく変更する場合がございます。ご利用の際は、その都
度、必ず本利用規則をご確認下さい。なお、本利用規則内容の変更後は、変更後の内容の
み有効となり、変更前の内容は無効となります。

第10条(一時的な利用中断)

当ホテルは次のいずれかに該当する場合、お客様への事前の通知やご承認なしに、当シス
テムの一時的な利用の中断を行うことがございます。

当システムの保守またはメンテナンス作業を行う場合。
天災、事変その他非常事態が発生し、または発生するおそれがあり、運営が困難となった
場合。
当ホテルがホームページ及び当システムの運営上またはその他の理由で、当システムの一
時的な利用の中断が必要だと判断した場合。

第12条(お客様の個人情報の取り扱い)

当ホテルでは、原則として、お客様からいただきました個人データを第三者に対して提供
いたしませんが、次のいずれかに該当する場合、お客様への事前の通知や承諾なしに、第
三者に対して提供することがございます。

(1)お客様本人の同意がある場合。
(2)お客様本人、当ホテルのお客様生命、身体または財産の保護のために個人データを第
三者に対して提供することが必要であって、お客様本人、当ホテルのお客様の同意を得る
ことが困難である場合。
(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために個人データを第三者に提供す
ることが必要であって、お客様本人の同意を得ることが困難である場合。
(4)個人データに関して裁判所や警察等の公的機関から法律に基づく正式な照会を受けた
場合。
(5)前項の目的を達成するために、当ホテルが業務を委託した第三者が、その委託業務の
処理に際して、個人データを必要とする場合。
(6)合併その他の事由による当ホテルの事業の承継に伴って、第三者に個人データが提供
される場合。
第13条(当システム利用に関する準拠法・管轄裁判所)

当システム取り扱いは、日本国内にて有効な法律に従います。当システムの利用に関して、
当事者間で紛争が生じた場合には、当事者間において誠意をもって解決するものといたし
ます。協議をしても解決しない場合、当ホテルの本社所在地を管轄する地方裁判所を第一
審の専属的管轄裁判所といたします。