富士屋ホテル倶楽部オリジナルレシピ

シェフ直伝!富士屋ホテル倶楽部オリジナルレシピ

富士屋ホテルのシェフが教える、とっておきのレシピをご紹介いたします。ご家庭でぜひお試しください。

Recipe
カレーの味わいに卵の食感がたまらない ポーチドエッグ カレーソース

富士屋ホテルで提供されているポーチドエッグカレーソース。ライスの上にポーチドエッグを乗せ、上からホテル自慢のカレーソースをかけた富士屋ホテルならではの卵料理です。とろっとした半熟卵とカレーソースが絡みあい、朝から幸せな気分になれるおすすめの一品です。ご自宅でちょっとリッチな朝食を味わってみてはいかがでしょうか。

材料

:
2個
伝統のビーフカレー
:
1箱(1人前)
キャベツ
:
外側の葉2枚分
食塩
:
お湯1リットルに対して10g
お酢
:
お湯1リットルに対して50cc
お湯

今回使用した商品

伝統のビーフカレー

富士屋ホテルのお土産No.1商品。マンゴーチャツネやココナッツミルクを使った優しい味わいのカレーです。

レトルトカレー用のお湯を沸かす。

  • お湯を沸かし、レトルトカレーを温めます。

キャベツをソテーします。

  • 熱した鍋にバターを溶かし、キャベツをソテーします。

ポーチドエッグ用のお湯を沸かす。

  • 深めの鍋にお湯を沸かし、塩とお酢を入れます。
シェフからのポイント

お湯1リットルに対して、塩10g・お酢50ccが目安です。

卵をお湯に落とす。

  • 卵を1個ずつ器にあけて、鍋の端からゆっくりとお湯に入れます。
シェフからのポイント

沸騰した状態だと白身がバラけてまとまらないので、注意!火加減を調節してください。円をかくようにお湯を菜箸などでくるくると回してから卵を入れると、白身がまとまりやすいです。

卵をすくい、水分をとる。

  • お湯に入れて2分半ほどたったら、穴あきお玉で卵をすくい、ペーパータオルで水分をとります。

盛り付ける。

  • お皿にご飯を平たく盛り、横にゆでたキャベツを添えます。ご飯の上に5で水気をとったポーチドエッグをのせ、上からカレーをかけて完成!

シェフからのコメント

このレシピの一番難しいところは、なんといってもポーチドエッグを作るところ。湯加減と茹で時間に気をつけながら調理してください。ポーチドエッグを鍋からすくうときに卵が破れてしまうことがあるので、お玉でそっと優しくすくうようにしましょう。卵によってはレシピ通りに作っても白身が上手くまとまらないものもありますので要注意。

今回使用した商品(1) 伝統のビーフカレー

価格¥810(税込・送料別)

富士屋ホテルの味に近づけるため、手間を惜しまずじっくり時間をかけて作りました。ココナッツミルクから来る優しさとまろやかさの絶妙なハーモニーをお楽しみ下さい。

こちらの商品もおすすめ 伝統のチキンカレー

価格¥810(税込・送料別)

富士屋ホテルの味に近づけるため、手間を惜しまずじっくり時間をかけて作りました。丹念に炒めたルーとチキンの旨みが絶妙に絡み合いマイルドな味わいとなっています。

その他のおすすめレシピ

フレンチトースト オーキッド風

富士屋ホテルのティーラウンジで提供している「フレンチトーストオーキッド風」をご自宅用にアレンジしたレシピをご紹介。

詳細はこちら

和風キノコスパゲッティー

富士屋ホテルの料理長が、オンラインショップを利用されるお客様のために考案したオリジナルレシピです。

詳細はこちら

オニオングラタンスープ

富士屋ホテルメインダイニングルームで提供しているオニオングラタンスープをお気軽にご自宅でお楽しみいただけます。

詳細はこちら