【水戸藩400年の輝き】黄門料理プラン

徳川光圀公が食した伝説の料理が現代に蘇る(写真は一例)
徳川光圀公が食した伝説の料理が現代に蘇る(写真は一例)

常陸国水戸藩第2代藩主、徳川光圀公(水戸黄門さま)が食していた料理が、400年の年月を経て現代に蘇りました。

黄門料理とは、光圀公の食した料理を大塚屋子之吉氏が、「日乗上人日記」「舜水朱氏談綺(しゅんすいしゅしだんき)」などの難解な文献を解読し、忠実に再現したものです。
光圀公は、平均寿命が32歳の時代に72歳と長寿を全うされた方で、季節の野菜をよく食べていたとのことです。

黄門料理(7月〜9月)メニュー
・牛乳酒  ・白乳酪  ・鰊山椒漬
・久呂万米納豆  ・鰹芥子じめ 
・炊き合せ  ・東坡煮
・鮎煎餅揚げ  ・目張阿蘭陀煮
・豆御飯  ・お椀
・香の物  ・甘味

★ご夕食は、レストランに19時00分までにご来店ください
★当時の味を忠実に再現しましたので、現在の味付けとは異なっております
★写真はイメージです(2〜3月の黄門料理)



【朝食について】
1階の馬酔木(あしび)にてご用意しております。
(朝6:30〜9:30まで)



 
 



 ※このプランはお電話にて受付いたします。直接施設までお問合せ下さい。