和空 下寺町

【8/13,14夕方限定・第1部・日帰り】お寺の集まる下寺町で「新耳袋」著者による怪談話・・・「中山市朗の怪談ライブ」

『お盆にこの合宿をするのには理由がある。皆さんもご存知であろう』。本イベントをプロデュースする『新耳袋』、『怪談狩り』の著者でおなじみの作家・中山市朗氏からのメッセージです。

お寺の集まる街「下寺町」にある和空 下寺町の大広間で、夏の風物詩である『怪談』を後悔するほど楽しんでいただきます。
・お寺の集まる街で
・最恐の怪談話しを
・お盆に体験できる

この3つが揃って何も起こらない訳がない。。。

【 概要 】
□ 日程/場所
@8月13日(月)16:00−18:00/和空 下寺町 大広間
A8月14日(火)16:00−18:00/和空 下寺町 大広間

□定員
@、A日程ともに先着約20人

【 タイムスケジュール 】
16:00・・・開場/受付開始
16:30~18:00・・・怪談ライブ(和空下寺町大広間にて開催)
※途中10~15分程度の休憩あり

【中山市朗氏プロフィール】
中山市朗(作家・怪異蒐集家)
1990年、木原浩勝との共著で『新耳袋〜あなたの隣の怖い話』(扶桑社)で作家デビュー。実話系怪談の草分けとなり、Jホラーを牽引する。1998年、メディアファクトリーより『新耳袋/現代百物語』として全十夜のシリーズとなり、『怪談新耳袋』としてドラマ化、映画化される。以後も『怪異実聞録・なまなりさん』『怪談狩り』シリーズ(角川書店)など、実録怪談を出版しつつ、怪談の原点は語りという思いからライブや動画配信などで怪談語りも精力的にこなしている。古代史、オカルトにも造詣が深く、小説『捜聖記』、実録ものの『聖徳太子・四天王寺の暗号』(ハート出版)、『聖徳太子「未来記」とイルミナティ』(学研プラス)など多数を出版している。
 


 このプランは販売期間が終了しました。