宿泊プラン一覧

ご予約の流れ

  

宿泊日選択/
利用日選択

人数・室数選択

お客様確認/
お客様登録

詳細情報入力

予約完了


はしりの旨いもんを味わう!沼島の鱧と淡路玉葱の鱧すき鍋

特産品の淡路島たまねぎと一緒に味わう鱧すき鍋は淡路島のこの時期ならではの郷土料理≪料理イメージ≫
特産品の淡路島たまねぎと一緒に味わう鱧すき鍋は淡路島のこの時期ならではの郷土料理≪料理イメージ≫
はしりの沼島鱧を味わうなら、その美味しさを知り尽くした淡路島へお越し下さい。

産卵に向けて活発にエサを求めて動き回り、せっせと栄養を蓄えるこの時期、身が太り、脂がのってひときわ美味しさを増します。とりわけ淡路島へきたらぜひ味わって頂きたいのが、同じ頃に収穫を迎える「淡路島産の新玉葱」と鱧を割り下でいっしょに煮る「鱧すき鍋」。鱧の骨の旨味や新玉葱の甘みをたっぷりと含んだ出汁が鱧の身にしみわたり、口の中に入れるとホロリと身がほぐれ、口の中一杯に旨さが広がります。
そんな鱧すき鍋をぜひ一度味わいにお越しくださいませ。

プラザ淡路島でお召し上がり頂く鱧はすべて地元淡路島の沼島で獲れた天然の鱧です。
島ブランド「沼島の鱧」をご堪能ください。

≪沼島の鱧≫
京都などの高級料亭で「鱧なら沼島の天然鱧」とまで言わしめるほどの島のブランド食材。
沼島で獲れる鱧は小顔で皮が薄く身にねばりと弾力性があるのが特長です。

≪特典≫
◆レイトチェックアウト11:00可能(通常10:00)

≪御品書≫
一、前 菜 夏の小鉢三種
一、お造り 鳴門鯛二種・沼島鱧の落とし・雲丹・鮪
                ほか海の恵み六種取合せ
一、鍋 物 島の郷土料理 沼島鱧と淡路玉葱のすき鍋
一、油 物 鱧の天麩羅 夏野菜を添えて
一、御食事 御飯・赤出汁・香の物
一、季節のフルーツ

※当日の仕入れ状況等により一部変更になる場合があります。
※小学生のお子様は【お子様和洋会席】でのご用意となります。お品書きはこちら。
※食事付幼児のお子様は【洋風お子様ランチ】でのご用意となります。お品書きはこちら。

≪淡路島と京都を繋ぐ“はも道中”≫
淡路島から夏の京都へ、別名「鱧祭り」と呼ばれる祇園祭と「はも道中」。
夏の京都で有名な鱧料理。まだ交通手段が発達していなかった昔は、夏の炎天下の中で京都まで生きたまま運ぶことのできる魚はほとんどありませんでした。
しかし生命力の強い鱧は京都についても生きていたため、鱧料理の文化が発達していったそうです。
そんな関西の夏の味覚、鱧の本場は淡路島。今でも淡路島から祇園祭でにぎわう京都の八坂神社に淡路島の鱧を奉納する「はも道中」が行われています。平安時代をイメージした狩衣姿の一行が鱧の入った竹籠を担ぎ、「淡路島から、はも道中」と口上を述べながら八坂神社と南座の約400メートルを練り歩くはも道中は、「御食国」淡路島と京都を繋ぐ毎年恒例の食の祭典です。

【夕食】 ダイニング 花桐(沼島産鱧と淡路産新玉葱の鱧すき鍋)
【朝食】 ダイニング 花桐(和洋バイキング)

【「ダイニング 花桐」の夕食時間について】
「ダイニング 花桐」では繁忙日のご夕食開始時間を2部制(午後6時、午後8時)にて運営させて頂いており、ご予約を頂いた際に午後6時のお席が満席の場合、ご夕食は午後8時からのご用意となります。その場合には、追って予約係から電話またはメールにて連絡を差し上げますが、お客様と連絡がつかない場合にはチェックイン時のご案内となりますので、予めご了承くださいませ。なお、午後6時よりご用意できる場合はホテルからの連絡は致しません。

■平日に限り1日3組様限定で夕食を個室にてご用意可能です。
ご希望の場合はご予約時に備考欄へお書き添えくださいませ。

※個室をご用意できない場合は追って予約係から電話または
メールにて連絡を差し上げますが、お客様と連絡がつかない
場合にはチェックイン時のご案内となりますので、予めご了承
くださいませ。ご希望通りご用意できる場合はホテルからの
連絡は致しません。
※1組最大12名様までとなります。
※個室からは景色はご覧いただけません。
※土曜日などの繁忙日は除外となります。
【ダイニング 花桐】のご案内はこちら

 
小人A   小学生対象 
夕食:有(子供会席)/朝食:ブッフェ/寝具:有
幼児B   小学生未満対象 
夕食:有(お子様ランチ)/朝食:ブッフェ/寝具:有
幼児C   小学生未満対象 
夕食:無/朝食:ブッフェ/寝具:有
幼児D   3歳以上〜小学生未満対象 
夕食:無/朝食:ブッフェ/寝具:無
乳幼児E   3歳未満対象 
夕食:無/朝食:ブッフェ/寝具:無 ※大人と同人数まで乳幼児のブッフェ入場無料

 


 このプランは販売期間が終了しました。